産み分けには欠かせない排卵日予測

産み分けを行う際に排卵日を予測することはとても大事です。
男の子、女の子と希望する性別があると思いますが、どちらの性別の赤ちゃんが産まれるか?に排卵日が大きく関わっているからです。

 

理屈抜きで説明すると、男の子の赤ちゃんを授かりたいという場合は排卵日当日、
女の子の赤ちゃんを授かりたいという場合は排卵日2〜3日前に夫婦の営みを持つといいとされています。

 

なので排卵日を予測することは赤ちゃんの産み分けを行う第一歩と言えるでしょう。
産み分け関係なく妊娠するためにも排卵日予測は重要ですよね。

 

排卵日を予測する一般的な方法は基礎体温をチェックして予測する方法です。


基礎体温とその測り方について

基礎体温というのは人間が一番安静にしている時の体温のことです。
一番安静にしている=寝ている時の体温ですが、寝ている時には自分で測ることができないので、
基礎体温をチェックする時には朝目が覚めてすぐに測る方法が一般的です。

 

基礎体温はすぐに上昇してしまうので起きたら体を動かさずにすぐに測りましょう。
また、より正確なデータで予測をするためには普通の体温計ではなく小数点で2桁まで
表示される婦人用の基礎体温計を使用するのが望ましいです。

 

基礎体温をつけることで女性の身体にある生理周期のリズムがわかります。


排卵日の基礎体温について

基礎体温は生理周期によって低温期高温期に分かれます。
排卵日は基礎体温が低温期の中でも最も基礎体温が下がる最低体温日のタイミングです。

 

 

しかし、基礎体温の測り方や個人差によって基礎体温が最低の日=排卵日とはならない人もいるので最低体温日から2〜3日の間に排卵日を迎えるとされています。このように基礎体温をつけて排卵日をチェックする方法はあくまでも目安として活用されるケースが多く不妊治療を病院で行う場合は超音波検査などを使ってより正確に排卵日を予測します。

 

 

基礎体温を付けることによる排卵日予測は2〜3ヶ月間基礎体温表をつけておくとタイミングを予測することができるようになるのである程度の期間は必要です。最近では排卵日予測のアプリもあるので利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

基礎体温をチェックすることは最もポピュラーな方法で産み分けや自然妊娠だけでなく、
生理予定日の予測やホルモン分泌の異常を察知するなど体調管理やスケジュール管理にも
活用することができるので基礎体温をつけたことがない人はぜひ始めてみましょう。

 

>>>産み分けゼリーの値段を比較!どんな効果があるの?


排卵日を予測して産み分けに成功した体験談

私は31歳で結婚しました。
年齢のこともあり、すぐに妊娠できるかどうか不安があったため、結婚して半年ほどで子作りをしようと考えました。
一人目は特に性別は気にせず、妊娠ができればよいと思っていたので、排卵日に子作りをしました。
それまできっちりと28日周期で生理がきていましたが、子作りをした後の生理が遅れ、まさかと思いながら妊娠検査薬で調べてみたところ、陽性反応がでました。
まさかこんなに速く妊娠できるとは思わず、夫と二人でびっくりしたのを覚えています。
そのとき妊娠したのは、男の子でした。
排卵日は膣内の酸性度が弱まるので、男の子ができやすく、排卵日2日前頃が、もっとも酸性度が強くなるので、女の子が産まれやすいということを知りました。
確かに、私たちは排卵日当日に子作りをしたので、この説は当たってるのではないかと思います。
一人目を出産したあと、仕事復帰をしましたが、2年ほどたった頃できればもう一人子供が欲しいと思い、また子作りをすることにしました。
そのときはもう35歳になっていたので、今度こそすぐに妊娠できるかどうかわからないと思っていましたが、幸いにもすぐに妊娠することができました。
できれば女の子が欲しいと思っていたので、今度は排卵日の2日前に子作りをしました。
検診で性別がわかるまでは、正直産み分けは無理だろうと思っていましたが、先生から女の子ですよと言われ、やっぱり産み分けは可能なんだと思いました。