赤ちゃんの性別はどうやって決まるの?

産み分けゼリーを使って産み分けにチャレンジする前に、そもそも赤ちゃんの性別がどのように決まって、性別がいつ頃わかるのか?について知っておいたほうがいいでしょう。

 

 

まず、赤ちゃんの性別がどうやって決まるか?ですが、当サイトでも何度か紹介しているように、赤ちゃんの性別は卵子と精子が受精した時の精子が持つ染色体によって決まります。

 

 

ヒトの体細胞は46本の染色体があってその中の44本は22対になっているので男性でも女性でも変わりません(常染色体)。残りの2本がいわゆる性染色体で女性の場合はX染色体が2本あるXX、男性の場合はX染色体とY染色体によるXYとなります。

 

 

赤ちゃんの体細胞の染色体は父親の精子と母親の卵子から23本ずつを引き継ぎます。女性の卵子は22本の常染色体とX染色体が1本、男性の精子は22本の常染色体と、XもしくはY染色体が1本となります。つまり、男性の精子の性染色体がX染色体かY染色体かで赤ちゃんの性別が決まります。

 

 

性染色体がXXなら女の子、XYとなれば男の子になります。ですので赤ちゃんの産み分けとは、女の子を希望する場合はX染色体を持つ精子、男の子を希望する場合はY染色体を持つ精子を卵子と受精させる確率を高める方法になります。

 

 

まとめると、赤ちゃんの性別は卵子と精子が受精した時の精子が持つ染色体がXか?Yか?で決まります。赤ちゃんの性別が決まるのは受精した時ですが、どちらの性別かお母さんがわかるのはいつ頃なのでしょうか?


赤ちゃんの性別はいつ頃わかるの?

産み分けを希望している方にとっては赤ちゃんの性別がいつ頃わかるか?はとても気になりますよね。

 

一般的に赤ちゃんの性別がわかるきっかけはエコー検査であることがほとんどです。そして大抵はエコー写真に写った性器の形で赤ちゃんの性別を判定します。

 

なので、いつ頃わかるか?はエコー検査をする時の赤ちゃんの体勢や、エコーでも赤ちゃんの肉付きや顔つきがハッキリ見えやすい3D超音波などがあるのでその時の状況や条件によって様々です。

 

早い人であれば12週〜14週でなんとなくでもわかる場合もありますし、遅ければ産まれてくるまで性別の確定はできなかったという方もいます。

 

特殊な条件(例えば産み分けに積極的な産院に通っている、3D超音波エコーを使う)などがなければ平均的には妊娠20週前後で赤ちゃんの性別がわかる妊婦さんが多いようです。

 

 

また、先生によっては赤ちゃんの性別がはっきりとわかるまでは教えてくれない場合もあります。反対に赤ちゃんが産まれてくるまでは楽しみにしておきたい場合は事前に伝えておかないと、検診の流れで赤ちゃんの性別を言ってしまう場合もあるので気を付けておきましょう。

 

 

女の子の場合は判断が難しいことが多く、妊娠中は女の子と言われていたけど産まれてみたら男の子だったというケースは意外と多いので先生が性別を教えてくれても絶対ではないと心のどこかでは思っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

 

>>>産み分けゼリーで赤ちゃんを希望の性別に産み分ける


関連ページ

リンカルを服用して男の子の産み分けができるのはなぜ?
産み分けゼリーを使った産み分け方法以外にリンカルを服用すると男の子の産み分けの成功確率が上がると言われていますが、なぜ男の子の産み分けにリンカルを使用するのか?飲み方などについて紹介しています。
100%の成功確率で赤ちゃんの性別の産み分けができる方法もある
当サイトでは産み分けゼリーを中心に赤ちゃんの性別の産み分けを紹介していますが、産み分け方法の中には100%の成功確率で赤ちゃんの産み分けができる方法もあるんですよ。
パーコール法を病院で行う場合の費用や産み分けの成功確率について
パーコール法を病院で行う際にかかる費用や産み分けの成功確率について紹介しています。パーコール法には病院に通って治療を受ける以外の費用がかかる場合もあります。
男の子の産み分けで体をアルカリ性にするには食べ物や青汁が有効?
男の子の産み分けでは体をアルカリ性にするために食べ物や青汁などを飲んで体質をアルカリ性にするのが有効と言われていますが実際のところはどうなのでしょうか?
アルコールを飲むと産み分けでは女の子が生まれやすいって本当?
赤ちゃんの産み分けで「アルコールを飲むと体質が酸性体質になるので女の子が生まれやすい」と言われていますが、それは本当なのでしょうか?調べてみました。