産み分けの方法について

産み分けゼリーは産み分け方法の一つに過ぎません。
産み分けの方法は他にもいくつかあり、それぞれ成功確率が違えば産み分けの方法を実践する費用にも違いがあります。

 

このカテゴリーでは産み分けゼリーを使った方法以外の産み分け方法について
成功確率はどれぐらいか?かかる費用はいくらなのか?といった点を中心に紹介しています。

 

産み分けゼリー以外の方法についても知っておきたいなという方は参考にしてくださいね。

産み分け方法に関するコラム記事一覧

男の子の産み分けをする場合に、産み分けゼリーを使った方法以外に、リンカルを服用する方法があります。リンカルとはリン酸カルシウムの略で、カルシウム製剤です。産み分けを行う産婦人科で処方されているサプリのようなものです。なぜリンカルを服用することが男の子の産み分けに繋がるのでしょうか?元々リンカルは先天性異常の一つである無脳児を出産した経験のある方が、次の赤ちゃんの病気や障害の予防のために飲んでいた薬...

このサイトでは産み分けゼリーやタイミング法による赤ちゃんの産み分け方法について主に紹介していますが、比較的簡単にできる産み分け方法の場合産み分けの成功確率が低くなってしまいます。それでも、何もせずに出産をするよりかは産み分けの成功確率はアップしますが、産み分け方法の中には100%の確率で産み分けができる方法もあります。産み分け方法の中で唯一100%の成功確率が期待できるのが着床前診断です。このペー...

赤ちゃんを希望の性別に産み分ける方法に「パーコール法」という方法があります。パーコール法とは、男性から精子を採取してその中から不要な物質や奇形精子などを選別し、質の良い精子だけを人工授精や体外受精、顕微授精に使用する際の精子を選別する方法です。以前は安全性が確立されていないという理由から遺伝性疾患を避ける目的以外ではパーコール法の使用が認められていませんでしたが、現在ではある程度安全性が確保されて...

産み分けゼリーを使って産み分けにチャレンジする前に、そもそも赤ちゃんの性別がどのように決まって、性別がいつ頃わかるのか?について知っておいたほうがいいでしょう。まず、赤ちゃんの性別がどうやって決まるか?ですが、当サイトでも何度か紹介しているように、赤ちゃんの性別は卵子と精子が受精した時の精子が持つ染色体によって決まります。ヒトの体細胞は46本の染色体があってその中の44本は22対になっているので男...

男女の産み分け法で男の子を希望する場合に、体(体質)をアルカリ性にすることで男の子を妊娠する確率をアップさせるという方法があります。果たしてこれは本当なのでしょうか?そもそも産み分けで酸性やアルカリ性と使うのは男女の性別を分ける精子の染色体が男の子のY精子がアルカリ性を好み、女の子のX精子が酸性を好むからです。この場合のアルカリ性や酸性は女性の膣内環境のph値がどちらかという話です。ちなみに食べ物...

産み分けに関する巷の噂の一つに「アルコールを飲むと女の子が生まれやすい」という説があります。実際に産み分けに関するサイトを見ていると、女の子の産み分けとアルコールについて記事にしているサイトもありますが、そもそもなぜアルコールを飲むと女の子が生まれやすくなるのでしょうか?理屈はこうです。「女の子の妊娠するためのX精子は酸性を好むのでアルコールを飲んで体が酸性体質になっているとX精子が優位となり女の...